トップページ > 医療制度 > 乳幼児医療について

乳幼児医療について

乳幼児医療費受給者証とは?

 病院にかかる際に「保険証」「乳幼児医療費受給者証」を
 一緒に病院の窓口に提出すると、保険診療による医療費の
 自己負担分が無料になります。

 ただし、入院などの食事の自己負担分や薬のビン代、差額ベット、
 部屋代など保険の効かないものは実費となります。

 ※愛知県内の医療機関のみ有効です。

 ※コルセット(補装具)を作った時や、愛知県以外の
  医療機関にかかるときは医療係の窓口でお尋ねください。


■乳幼児医療費受給者証の対象者は?

 ・6歳に達した日以後の最初の3月31日までの
  間にある乳幼児が対象です。

■申請に必要なものは?

 ・保険証と印鑑が必要になります。

■こんな時は届け出をしてください。

 ↓ なるべく早めに届出をしてください ↓
 ・6歳に達した日以後の最初の3月31日になった時
 ・転出する時
 ・受給者証をなくした時
 ・交通事故でケガをした時

 ↓ 14日以内に届出をしてください ↓
 ・死亡された時
 ・転居した時
 ・保険証が変わった時
 ・生活保護を受けるようになった時


 ※保険証が変わったり、受給資格がなくなった場合に
  届け出をしないで使用すると、かかった医療費の
  全部又は一部を返さなければいけない事があります。


■お問合せ先

 乳幼児医療費受給者証についてわからない時は
 西尾市役所の医療担当 0563-56-2111 (内線102)まで。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「西尾de育児」のTOPへ

 
[PR] ファッション通販